【幹細胞コスメ】乾燥肌の洗顔方法や洗顔料を選ぶときのポイントについて

幹細胞コスメ ヒト幹細胞培養上清液 セルズビーティークラブ 肌荒れ 乾燥肌 マスク荒れ 敏感肌

Originally posted on 2022年1月25日 @ 11:49

乾燥肌の人は、洗顔後に肌がつっぱったり、粉を吹いたりすることがあります。普通肌の人よりも洗顔の方法や洗顔料の選び方に注意が必要です。自分に合った洗顔料で正しく洗顔すれば、肌トラブルに悩まされにくくなります。ここでは、乾燥肌の洗顔方法や洗顔料を選ぶときのポイントについて詳しくご紹介します。

洗顔でつっぱることも…乾燥肌ってどんな肌状態のこと?

洗顔でつっぱることも…乾燥肌ってどんな肌状態のこと?

そもそも、乾燥肌がどのような状態なのかご存知でしょうか。肌の状態を正しく知ることで、適切な洗顔方法が見えてくるでしょう。

まずは、乾燥肌がどのような状態なのか詳しくみていきましょう。

皮脂や水分が足りていない肌状態のこと

乾燥肌とは、肌の皮脂や水分が不足してバリア機能が低下した状態の肌のことです。肌のバリア機能は、角質層と皮脂膜によって成り立っています。乾燥肌では、角質層の状態が悪く、皮脂膜も十分に機能していないため、外部刺激を受けやすく肌にダメージを与えてしまうのです。

皮膚の柔軟性が不足している

乾燥肌は、水分が失われることで皮膚の柔軟性が不足しています。それによって、洗顔後に肌がつっぱるのです。肌の柔軟性が失われていると、肌がダメージを受け流せなくなって肌トラブルが起こりやすい状態になります。

カサつきや赤みが気になることも

肌の水分と油分が失われると、カサつきや赤みが起こる場合があります。ひどくなると、ひびやあかぎれなどが起きて、痛みに悩まされる場合もあります。

乾燥肌が洗顔料を選ぶときのポイント

【幹細胞コスメ】乾燥肌の洗顔方法や洗顔料を選ぶときのポイントについて

乾燥肌の人は、洗顔料を慎重に選ぶことが大切です。どのような洗顔料を選べばよいのか、詳しくみていきましょう。

洗浄力がやさしいもの

洗顔料で洗顔すると、ある程度の肌の水分と油分は洗い流されてしまいます。これは、肌の汚れを落とすことを目的にしている以上は、仕方のないことです。普通肌の場合は、洗顔料を使用しても、洗い上がりがつっぱりにくいです。

乾燥肌の人は、洗浄力がやさしくて水分と油分を保護してくれる洗顔料を選ぶことが大切です。

保湿成分が配合されているもの

乾燥肌は、洗顔によって肌の水分と油分が洗い流されてしまうことで、肌が乾燥しやすい状態になってしまいます。そのため、保湿成分が配合されたものを選ぶことが大切です。保湿成分によってうるおいを与える洗顔料であれば、洗い上がりのつっぱり感が和らぐでしょう。

低刺激なもの

肌と同じ弱酸性の洗顔料を選びましょう。また、アルコールやパラベン、人工着色料のような添加物が含まれていないものがおすすめです。ただし、添加物が肌に悪影響を及ぼすとは限りません。

洗浄成分や保湿成分が肌に刺激を与える場合もあります。自分の肌に合うかどうかは、実際に使わなければわからないため、サンプル品を試してみましょう。

洗顔はする?しない?乾燥肌の洗顔方法について

洗顔はする?しない?乾燥肌の洗顔方法について

乾燥肌の人は、洗顔を控えた方がよいとの声もあります。しかし、洗顔をしないと酸化した皮脂汚れや花粉などの影響で肌に負担がかかります。そのため、毎日洗顔をして、清潔な状態を保つことが大切です。

それでは、乾燥肌の人が実践したい洗顔方法とコツを詳しくみていきましょう。

洗顔の方法

乾燥肌の洗顔方法の流れは次のとおりです。

きちんと泡立てる

洗顔料をそのまま顔につけると、洗浄力が強すぎるため洗い上がりがつっぱります。必ず、手か泡立てネットで泡立てましょう。片方の手をおわん状にして洗顔料をとり、もう片方の手を使って泡立ててください。

おすすめは、泡立てネットを使う方法です。手で泡立てるよりもキメ細かい弾力のある泡を作れます。

やさしく泡で円を描きながら洗う

洗顔のときは、肌をゴシゴシとこすってはいけません。肌と手の間に泡のクッションを挟み、円を描きながらやさしく洗いましょう。爪を立てたりゴシゴシ洗ったりすると、肌の水分と油分が奪われてしまいます。

細かい部分は指先で優しく洗う

目や口の周り、小鼻などの細かい部分は、指先で丁寧に洗いましょう。目や口の周りは皮脂の分泌が少ないため、乾燥しがちです。他の部位と同様に、こすらないように注意してください。

ぬるま湯ですすぐ

洗顔料を洗い流すときは、必ずぬるま湯ですすぎましょう。熱すぎるお湯は、皮脂を洗い流してしまいます。フェイスラインや額などは泡が残りやすい部位のため、入念にすすぎましょう。

コツ

間違った洗顔方法は、肌のバリア機能の低下を招き、肌トラブルの原因になります。次のコツを押さえて、肌の負担を和らげましょう。

タオルで押し当てるようにして水分をとる

洗顔後は、顔についた水滴をタオルでやさしく取り除きましょう。ゴワついたタオルでゴシゴシふくと、肌を傷つけてしまいます。洗顔後は肌のバリア機能が低下しているため、やさしく押し当てるように水滴を取り除いてください。

ゴシゴシとこすらない

ゴシゴシとこすった場合、肌の角質層がダメージを受けたり、皮脂が過剰に洗い流されたりします。ゴシゴシ洗顔は乾燥肌の悪化を招くため、十分に注意しましょう。

乾燥がひどいときは水洗顔に

肌の乾燥がひどいときは、ぬるま湯だけで洗顔してもよいかもしれません。洗顔料を使わないことで、肌の水分と油分を残せます。ただし、水洗顔の場合でも、必ず保湿ケアをしましょう。

まとめ

乾燥肌は普通肌と比べて肌がダメージを受けやすいため、普通肌用の洗顔料を使うとますます乾燥しやすくなるでしょう。乾燥肌に適した、洗浄力がやさしく保湿成分が含まれた洗顔料を使うことが大切です。また、正しい洗顔方法を実践して、肌への負担を可能な限り押さえてください。毎日の習慣が肌質に影響を与えるため、今日から正しい洗顔を始めてみましょう。

おすすめ 洗顔フォーム

EQコスメティクス スキンケアシンク74EQホイップ

EQコスメティクス
スキンケアシンク74EQホイップ

150g 日本製

濃密泡 浸透美容液成分配合

スキンケアする洗顔フォーム

保湿・整肌・蘇生・改善・透明感を引き出す成分74種類

¥3,600 税込

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です