【スキンケア】乾燥肌へのケア!保湿でキレイ肌に

Originally posted on 2022年3月10日 @ 00:00

これまで普通肌だった人が乾燥肌になった場合、普段どおりのケアでは乾燥が改善しないことに悩む可能性があります。乾燥肌の原因を踏まえて、適切なスキンケアを続けることが大切です。ここでは乾燥肌の原因や対策、全身のケアのポイントについて詳しくご紹介します。

乾燥肌にはどうしてなるの?

【スキンケア】乾燥肌へのケア!保湿でキレイ肌に

乾燥肌を正しく対策するために、まずは原因やメカニズムについて詳しくみていきましょう。

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーとは、肌の奥深くから上がってきた新しい肌細胞が古い肌細胞と入れ替わる現象です。ターンオーバーにより、肌のもっとも外側にある角層の健康が維持されることで、肌の水分を保つことができます。しかし、ターンオーバーが乱れると、肌の水分を保つ健康な角層を維持できなくなり乾燥してしまいます。

保湿成分(セラミド、NMF、皮脂)量の低下

肌のもっとも外側にある角層は、積み上げられた角層細胞のすき間をセラミド(細胞間脂質)が埋める構造になっています。この構造が維持されていることで、肌の水分を保てるのです。また角層細胞に含まれるNMF(天然保湿因子)や、角層の表面にある皮脂膜も肌の水分の蒸発を防いでいます。そのためセラミドとNMF、皮脂膜の量が低下すると、肌の水分が失われて乾燥肌になります。

睡眠不足や栄養不足など、生活習慣の乱れ

睡眠不足で成長ホルモンの分泌が低下したり、肌を作るために必要な栄養が不足したりするとターンオーバーが正常に行われなくなります。その結果、健康な角層を維持できなくなり、肌の水分が蒸発しやすくなるのです。

夜ふかしや偏食などがある方は、規則正しい生活改善を心がけましょう。

紫外線やホコリ、ダニなどの外的要因

紫外線やホコリ、ダニなどで肌が刺激を受けると、炎症が起こる場合があります。炎症が起こると肌の水分が失われてカサつきやすくなるのです。紫外線対策をせずに真夏に出かけたり、部屋の掃除が足りていなかったりすると、外的要因による乾燥肌に悩まされがちになるでしょう。

乾燥肌にならないためのスキンケアの手順

【スキンケア】乾燥肌へのケア!保湿でキレイ肌に

乾燥肌を防ぐには、日々のスキンケアがとても大切です。クレンジング、洗顔だけではなく、保湿ケアも見直しましょう。それでは乾燥肌にならないためのスキンケアの手順を詳しくご紹介します。

クレンジング、洗顔

クレンジングでメイクを丁寧に洗い流してから洗顔をします。洗顔だけで落とせる化粧品もありますが、基本的にはクレンジングが必要です。ポイントメイクには洗浄力が高いオイルクレンジングを使い、そのほかの部位はミルクタイプやクリームタイプなどで落としましょう。

洗顔では、洗顔料をよく泡立てて顔全体をやさしく丁寧に洗います。洗い流すときは皮脂を過剰に落とさないように、ぬるま湯を使いましょう。肌に泡が残ると、その部位が乾燥するおそれがあるため十分にすすいでください。そして顔についた水滴をやわらかいタオルでやさしく拭き取ります。

化粧水

洗顔後は、できるだけ早く保湿しましょう。時間が経つと肌の水分が失われて乾燥します。

保湿ケアでは、最初に化粧水で肌に水分を与えてください。手に広げた化粧水を顔全体に押さえるように染み込ませます。このとき手やコットンでたたくと肌がダメージを受けるため注意が必要です。やさしく肌になじませましょう。

美容液

続いて肌の悩みにあった美容液を使いましょう。乾燥肌が気になるなら、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどが含まれた美容液がおすすめです。化粧水と同様に手に広げて顔全体に塗りましょう。

乳液

乳液は皮脂の役割をサポートする保湿化粧品で、肌に油分を補給できます。TゾーンやUゾーンなど皮脂が気になるところと、それ以外の部位で塗る量を調整しましょう。

クリーム

乳液を塗っても乾燥が気になるところには、クリームを重ねづけてください。ただし皮脂が気になるところに塗るとベタつくため、塗るべき部位をよく確認しましょう。

乾燥肌の人が全身のケアをするときのポイント

【スキンケア】乾燥肌へのケア!保湿でキレイ肌に

乾燥肌の人は、顔だけではなく体も乾燥しやすいため、全身のケアも見直すことが大切です。それでは乾燥肌の人が全身のケアをするときのポイントについて、詳しくみていきましょう。

体を洗うときこすりすぎない

体を洗うときにナイロンタオルでゴシゴシこすると、肌がダメージを受けます。乾燥肌の人はバリア機能が低下しているため、さらに大きなダメージを受けるでしょう。バリア機能もさらに低下して、肌トラブルが起こりやすくなります。

体はやわらかいタオルでやさしく丁寧に洗うことが大切です。

タオルで拭くときもこすりすぎない

入浴後に体を拭くときも、こすらないようにしましょう。肌がダメージを受けたり水分が失われたりします。しかししっかり拭こうと意識することで、ついこすってしまう方もいるのではないでしょうか。

吸水性に優れたタオルなら、しっかり拭こうとしなくても水滴を取り除けます。また肌ざわりがよいタオルを選ぶことも大切です。綿100%のタオルは肌ざわりがよい傾向がありますが、商品によって異なるため実際に触れて確認してみてください。

皮脂をとりすぎないボディソープを選ぶ

乾燥肌の人は皮脂の分泌が低下しているため、皮脂を洗い流しすぎないように注意が必要です。洗浄力が強すぎないボディソープを使って皮脂を適度に残しましょう。

入浴後すぐに保湿剤を塗る

入浴後は、体を拭いてからすぐに保湿剤を塗りましょう。時間が経つほどに肌の水分が失われるため、髪を乾かす前に保湿剤を塗ることが大切です。肌になじみやすいボディクリームなら手早く全身を保湿できます。

乾燥肌へのケア! まとめ

乾燥肌になったときは、クレンジングと洗顔、保湿ケアを見直して、肌のうるおいを保つことを意識しましょう。体質の変化によって乾燥肌になった場合は、顔だけではなく体も乾燥しやすくなるため、体の洗い方や拭き方、保湿ケアなども見直すことが大切です。丁寧なスキンケアや生活習慣の改善などを心がけて、健やかな肌を取り戻しましょう。

おすすめ スキンケア商品

EQコスメティクス エモルションズゲルEXモイスチャー

EQコスメティクス エモルションズゲルEXモイスチャー

80g 日本製

ハリ・つや、透明感。

うるおいあふれる理想肌へ。

デリケート肌の美肌をあきらめない多機能保湿ゲル

¥4,980 (税込)






EQコスメティクス スキンケアシンク エモルションズゲルEXモイスチャー
EQコスメティクス スキンケアシンク74EQホイップ

EQコスメティクス スキンケアシンク74EQホイップ

150g 日本製

濃密泡 浸透美容液成分配合

スキンケアする洗顔フォーム

保湿・整肌・蘇生・改善・透明感を引き出す成分74種類

¥3,600 (税込)



セリスタ ザ・カクテルセラム ボトルドニューエイジ 30mL 純度100%

セルズビューティークラブの特典 
初回購入時のみ『50%OFF』で購入ができます。

セリスタ ザ・カクテルセラム ボトルドニューエイジ 30mL 純度100%

セリスタ ザ・カクテルセラム ボトルドニューエイジ 30mL 純度100%

内容量]30ml

[メーカー希望小売価格]11,000円(税込)

成分:
水、ヒト脂肪細胞順化培養液、アスコルビルリン酸Na、ヒアルロン酸Na、オウゴン根エキス、グリセリン、ローカストビーンガム、セルロースガム、ミネラル塩

▼ 50%OFFコード ▼
ーーーーーーーーーーー
CBeauty50
ーーーーーーーーーーー

※購入時にクーポンコードを入力してください。